コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界陸上競技選手権 せかいりくじょうきょうぎせんしゅけん IAAF World Championships in Athletics

1件 の用語解説(世界陸上競技選手権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

世界陸上競技選手権

陸上競技の各種目の世界一を決める舞台として、1983年にヘルシンキ(フィンランド)で第1回大会が開かれ、五輪と並んでトップクラスが集うイベントとなった。91年の東京大会までは4年ごとの開催だったが、以後五輪の前年と翌年の隔年に開かれている。91年の東京開催では、男子マラソン谷口浩美金メダルを獲得。大会としても男子100mのカール・ルイス(米)が9秒86の世界新記録(当時)をマークするなど、国立競技場を満員にするほど盛り上がり、選手たちは大きな目標にするようになった。2001年のエドモントン(カナダ)大会では男子ハンマー投げ室伏広治銀メダル、同400mハードルで為末大が銅メダルと、長距離・マラソン以外の種目で初のメダルを獲得して注目を集めた。03年のパリ(仏)大会では、末續慎吾が男子200mで3位。日本の陸上競技史上初めて、五輪、世界選手権短距離種目でメダルを獲得した。05年のヘルシンキ(フィンランド)大会では男子マラソンで尾方剛が、同400mハードルでは為末大が、ともに銅メダルを獲得した。

(小森貞子 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界陸上競技選手権の関連キーワード陸上競技国際陸上競技連盟世界陸上ジャンプ競技種目ノルディック種目複合競技JAAF世界陸上競技選手権大会オールラウンドアスリート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界陸上競技選手権の関連情報