世盛り(読み)ヨザカリ

デジタル大辞泉の解説

よ‐ざかり【世盛り】

栄華をきわめること。また、その時期。全盛。
「其頃は某省の高等官で―の父の体面もあったのであろう」〈二葉亭其面影
若くて元気盛んなこと。若盛り。
「―の頃は縁談の数々有りけるを」〈紅葉不言不語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よざかり【世盛り】

栄華をきわめること。権勢を思うままにふるうこと。また、その時期。 「此の禅門-の程はいささかいるがせにも申す者なし/平家 1
若い盛り。 「お花-恋盛り/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android