体面(読み)たいめん

精選版 日本国語大辞典「体面」の解説

たい‐めん【体面】

〘名〙
① 外から見える様子。体裁(ていさい)。ありさま。姿。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「雑にして統なきは、即是実録の体面なり」 〔朱子全書‐易綱領下〕
② 世間に対する体裁。面目。みえ。世間体。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「人々自己の体面(〈注〉メンボク)を存するの力」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「体面」の解説

たい‐めん【体面】

人が世間に対してもっている誇りや面目。世間体(てい)。「体面を保つ」「体面を汚す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android