体面(読み)たいめん

精選版 日本国語大辞典「体面」の解説

たい‐めん【体面】

〘名〙
① 外から見える様子。体裁(ていさい)。ありさま。姿。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「雑にして統なきは、即是実録の体面なり」 〔朱子全書‐易綱領下〕
② 世間に対する体裁。面目。みえ。世間体
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「人々自己の体面(〈注〉メンボク)を存するの力」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「体面」の解説

たい‐めん【体面】

人が世間に対してもっている誇りや面目。世間てい。「体面を保つ」「体面を汚す」
[類語]世間体体裁外聞格好名誉名聞めいぶん面目面子メンツ一分いちぶん沽券こけん声価信用信望しん信頼信任信望人望定評評判暖簾のれん覚え名望声望徳望人気魅力受け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「体面」の解説

【体面】たいめん

体裁。名誉。張居正〔松江兵憲春台に答ふ〕僕、上は國家の體面を惜しみ、下はの爲に怨業を(せう)せんと欲す。君子なることを知る。故に敢て以て聞(ぶん)す。

字通「体」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android