コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両棒餅(ぢゃんぼもち)

デジタル大辞泉プラスの解説

両棒餅(ぢゃんぼもち)

鹿児島県の郷土菓子上新粉またはもち米でつくった餅を2本の竹串に刺して焼き、砂糖醤油などのとろみのあるたれに絡めたもの。“両棒(ぢゃんぼ)”は当地の方言で「武士の大小の」を意味し、2本の竹串を刀に見立ててこの名がついた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

両棒餅(ぢゃんぼもち)の関連キーワード鹿児島県

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両棒餅(ぢゃんぼもち)の関連情報