コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糯米 モチゴメ

デジタル大辞泉の解説

もち‐ごめ【×糯米】

粘りけが多く、(もち)や赤飯にする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もちごめ【糯米】


出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糯米
もちごめ

(もち)あるいは赤飯(せきはん)にする米が糯米で、これに対し普通の飯米を粳米(うるちまい)という。両者の大きな差は主成分のデンプンの違いである。すなわち、粳米のデンプンは直鎖成分のアミロース約20%と分枝鎖成分アミロペクチン約80%からなるのに対し、糯米のデンプンはアミロースをほとんど含まずアミロペクチンが大部分である。したがって粳米と糯米は胚乳(はいにゅう)部分のヨウ素デンプン呈色反応で容易に区別できる。すなわち、粳米はヨウ素・ヨウ素カリ水溶液で青色に染まるのに対し、糯米は赤~赤褐色を呈する。糯米のねばねばした食感はアミロペクチンの多いことによる。[不破英次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

糯米 (ウルチゴメ)

植物。粳種の稲または粟の別称。ウルシネの別称

糯米 (モチゴメ・モチノヨネ;モチヨネ)

植物。イネ科のイネの品種。モチイネの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

糯米の関連キーワード強飯(こわめし)アミロペクチン打吹公園だんごシャオシンチウ牡丹餅・牡丹餠白松がモナカユワンシャオ黍餅・黍餠毬餅・毬餠蒸籠・蒸篭五郎兵衛飴ラオチウ虎屋饅頭道明寺種ラオロン道明寺糒粔籹・興御池煎餅岩おこし金玉糖

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糯米の関連情報