とろみ(英語表記)pod

翻訳|pod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とろみ
pod

かつお,さば,いわしなどのが浮遊した直後海面に生じるさざなみ微風によって起るさざなみとが互いに干渉して消し合い,水面を流したようになる状態のこと。魚類が密集して,水面に浮上し,体を横にして腹面を現したり,はね回ったりするので,水面が少し赤みを呈する。夏の炎天下によくみられる。熟練した漁夫遠方からこれを発見することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とろ‐み

〘名〙 植物「いね(稲)」の異名
※古今打聞(1438頃)中「いざや今日小田のとろみを刈りにゆかむ 野分の風にしかれもぞする とろみとは是れは稲を云也。これはあづま言葉なり」

とろみ

〘名〙 料理で、煮汁などが軽くねばる状態。とろりとした状態。「片栗粉でとろみをつける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とろみ

〈とろみ〉は停止ので,がとまった状態をさし満潮のとまりを〈たたえどろみ〉,干潮のとまりを〈ひどろみ〉などというが,漁業では,カツオイナダなどの群れが水面にあふれ,一帯が黒く見えるようになっていることをいう。これは夏,炎天の海面が油を流したときのように静かなときに多く生ずるからであろう。魚は跳ね回ったり,ぐるぐる回ったりし,水がすり鉢形に中くぼみになることもあるので,〈まきどろみ〉〈まきいお〉〈すりばちいお〉などともいわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のとろみの言及

【潮】より

…海水やその性質,海水の流れ,潮汐などを表す語。例えば黒潮,親潮,あるいは潮が甘いなどの〈潮〉は第1の意味合いを,潮波の〈潮〉は第2の意味合いを,潮がさすや潮時の〈潮〉は第3の意味合いをもっている。【寺本 俊彦】
[民俗]
 潮の干満や速度,流れなど,海に生きる人々にとって,むかしから強い関心がもたれてきた。とりわけ操船上,潮の動きは重要であり,舟人や漁民の間では潮にかかわる語彙は豊富である。デシオ,イリシオをはじめ,干満などによる潮の流れのない状態をトロミ,潮が出合って波立つところをシオザイと呼び,干潮のヒオチまたはソコチ,満潮のタタエなどとともに,広い範囲で用いられる語彙が多い。…

※「とろみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android