コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中さだ ナカサダ

デジタル大辞泉の解説

なか‐さだ【中さだ】

《「さだ」は時の意》筆跡などが古風でも近代風でもなく中期の様式であること。一説に、上手でもなく下手でもなく中等であること。
「手はさすがに文字強う―の筋にて」〈末摘花

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

中さだの関連キーワード片桐貞照

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android