コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆跡 ひっせきhandwriting

翻訳|handwriting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筆跡
ひっせき
handwriting

印刷文字に対し,個人に特有な手書きの文字やその書きぶりをいう。字の習得,あるいは美しい字を書く技術の習得については古くから人々の苦心したところであるが,また,成人の筆跡がそれぞれ特徴をもつ点も,多くの人々の関心を集め,習字教育の発達とともに,筆跡と性格との関係や法的証拠を得るための筆跡鑑定などを対象とする筆跡学の発達をみた。を伝統的芸術の一つとした中国,日本では,特に芸術的見地からの筆跡の研究,鑑定が重視された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐せき【筆跡/筆×蹟/筆×迹】

書かれた文字。また、その文字の書きぶり。「―を似せて書く」「―鑑定」

ふで‐あと【筆跡】

書かれている文章や文字。また、そのありさま。ひっせき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふであと【筆跡】

書かれている文字や絵。また、その書きぶり。ひっせき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の筆跡の言及

【筆跡学】より

…この方面については,古くから関心がもたれていたが,フランスのミションJean‐Hippolyte Michon(1806‐81)によりグラフォロジーgraphologieという名称が初めて与えられ(1871),クレピュー・ジャマンJules Crépieux‐Jamin(1858‐1940)により理論的発展をみた。これに対してドイツのL.クラーゲスは,行動は内的精神の現れであり,筆跡は全体把握が重要とする独特の哲学的理論を基礎にした筆跡学をうち立てた。またスイスのプルファーMax Pulver(1889‐1952)は,精神分析学をとり入れた筆跡学の理論を展開した。…

【筆跡鑑定】より

…複数の筆跡を比較・対照して,それらの筆者が同じであるか否かを鑑別すること。筆者識別ともいう。…

【墨跡】より

…墨跡ということばは紙や布に墨書された肉筆一般を意味するもので,書跡,筆跡と同義であり,墨迹,墨蹟とも書くが,日本では臨済宗を主とする禅宗僧侶の書を特に禅林墨跡と称し,略して〈墨跡〉と呼ぶ習慣がある。 中国での用例は古く,六朝時代の《宋書》范曄伝に〈示以墨跡〉とあり,唐の詩人韓愈の《高君仙硯銘》中にも〈宛中有点墨跡文字之祥。…

※「筆跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筆跡の関連キーワード蚯蚓ののたくったよう楚筆・粗筆墨跡・墨蹟筆跡診断名が有る水茎の跡目を曝す折れ釘流金釘流筆の跡見覚え野跡勅筆偽書同筆粗筆筆札愚筆三蹟墨跡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆跡の関連情報