コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ソ国境兵力削減交渉 ちゅうソこっきょうへいりょくさくげんこうしょう

1件 の用語解説(中ソ国境兵力削減交渉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中ソ国境兵力削減交渉
ちゅうソこっきょうへいりょくさくげんこうしょう

中国とソ連の国境に配備された兵力を最小限レベルまで引下げることを目的とした交渉で,中ソ関係正常化の過程で開始された。 1982年に中国が,中国・モンゴル国境のソ連軍撤退などの三大障害解決を対ソ関係改善の前提としたのに対し,86年ソ連はモンゴルとアフガニスタンからの一部撤退を表明,88年にアフガニスタンからの撤退を開始,中ソ外相会談で国境地帯の軍事的対立緩和方策が話合われ,同年末にソ連は兵力の 50万人削減を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中ソ国境兵力削減交渉の関連キーワード中原遺跡国境貿易最小限SM3MFO最小限度ガウスの最小束縛の原理ロシア極東と中国の貿易ロシアと中国中ソ国境問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone