調印(読み)ちょういん

大辞林 第三版の解説

ちょういん【調印】

( 名 ) スル
条約や協定などの公文書などにそれぞれの代表者が署名・捺印なついんすること。署名。記名。 「休戦協定に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調印
ちょういん
signature

国際法上の調印は、全権代表の署名を意味する。国家の重要な外交文書に国家の正式の代表(全権代表)が自己の名前を記入する行為(わが国の国内制度のように印鑑を押すことはない)で、国家の正式の意思表示となる。条約締結過程で全権代表のなす署名は、批准を必要としない条約の場合には、国家を拘束する最終行為となるが、批准を必要とする条約の場合、署名は、条約内容の確定の効果のみをもつ。[經塚作太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐いん テウ‥【調印】

〘名〙
① 確認の捺印(なついん)をすること。押印(おういん)
※地方凡例録(1794)七「とじ目に御老中御調印有之に付」
② 条約当事国の代表者が、条約の文書にその姓名をしるすこと。条約成立の一要件。
※中外新聞‐慶応四年(1868)二月二四日「各国帝王の調印を致し候事故」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の調印の言及

【署名】より

文書偽造罪【中島 茂樹】
[国際法上の署名]
 条約の締結手続における一段階として,国家の権限ある代表者(ふつう全権委員という)が他国との合意に達した条約の案文にサインをすることである。調印ともいう。署名の効果は条約の内容の確定であるが,批准を必要としない条約においては署名のみで効力を発生する。…

※「調印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調印の関連情報