中務卿(読み)ナカツカサキョウ

デジタル大辞泉の解説

なかつかさ‐きょう〔‐キヤウ〕【中×卿】

中務省の長官。正四位上相当。平安時代以後、四品以上の親王が任命された。なかつかさのかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかつかさきょう【中務卿】

中務省の長官。正四位上相当。平安以降は親王が任命された。なかつかさのかみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なかつかさ‐きょう ‥キャウ【中務卿】

〘名〙 令制での中務省の長官。正四位上相当。定員一人。平安時代以降、四品以上の親王が任命された。なかのまつりごとするつかさのかみ。なかつかさのかみ。
※続日本紀‐宝亀五年(774)九月庚子「大納言正三位藤原朝臣魚名為兼中務卿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android