コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中古戯場説 ちゅうこけじょうせつ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうこけじょうせつ【中古戯場説】

歌舞伎資料。計魯里観主人著。1805年(文化2)成立か。写本2巻。上巻は,宝暦(1751‐64)前後の役者の伝記や逸話を記す。下巻は,当時著名の演劇書《耳塵集(にじんしゆう)》《あやめ草》《訥子口伝(とつしくでん)》などの一部を抄出。元禄以降の役者連名,略系譜,浄瑠璃太夫の系譜,作者名簿を付す。役者研究の資料として用いられることが多い。《燕石十種(えんせきじつしゆ)》(新版)第四に収録。【武井 協三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中古戯場説の関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーホフマンコーンウォリスネルソンネルソンゲーテとシラーの霊廟トラファルガー広場ワイマールのシラーの家