コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の環境問題 ちゅうごくのかんきょうもんだい

1件 の用語解説(中国の環境問題の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

中国の環境問題

中国における高度経済成長は大規模な環境破壊を伴っている。環境汚染に伴う経済損失はGDP比で数%規模に達しているといわれる。大気汚染による被害として死亡を取り上げている推計もあり、公害病が生じている可能性も高い。本格的な調査研究が必要だが、環境汚染により生じた被害を公的に調査しその結果を公表すること自体が、汚染を引き起こした責任は誰にあるのか、被害者の救済や損害の賠償は誰が行うのか、といった問いを突きつけることになる。 中国環境問題は国内問題であると同時に、2005年に起きた中国東北部を流れる松花江への汚染物質流出事故や酸性雨問題に見られるように、国境を超えた影響を持つ問題でもある。さらに、環境被害は現存するものだけではない。今後の経済発展有り様は、東アジアの環境や地球温暖化防止の未来にも決定的ともいえる影響を及ぼすであろう。現在日本にある自動車の台数は約7800万台にのぼるが、中国において同じ対人口比率で自動車が走ることになれば8億台を超える。この数字は現時点の世界全体での自動車台数に近く、中国の経済発展が日本並みの水準に到達するならば、有限の地球に自動車が倍増する。ともすると、自動車単体の技術進歩がもたらす環境効果を帳消しにし、地球温暖化防止への努力を水泡に帰すことになりかねない。この事実は中国経済に新しいパラダイム、すなわち環境的持続可能性基準に基づく持続可能な発展の理念を持ち込む必要性を強く示唆している。

(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国の環境問題の関連キーワード経済成長経済成長率高度成長電光二重構造名実高度経済成長実質経済成長率昭和元禄経済成長率(Economic Growth Rate)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国の環境問題の関連情報