コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害病 こうがいびょう disease caused by environmental pollution

6件 の用語解説(公害病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公害病
こうがいびょう
disease caused by environmental pollution

公害による人間の健康被害として起る疾病をいう。 1973年に「公害健康被害補償法」が公布され,その救済の対象とする疾病の指定が行われたが,狭義には,この法律によって指定された疾病だけを公害病という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうがい‐びょう〔‐ビヤウ〕【公害病】

公害が原因となって起こる病気。大気汚染や特殊な物質の環境汚染によるもので、慢性気管支炎気管支喘息(ぜんそく)肺気腫水俣病(みなまたびょう)イタイイタイ病・慢性砒素(ひそ)中毒など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公害病【こうがいびょう】

大気汚染,水質汚濁などの公害によって起こる病気。イタイイタイ病水俣(みなまた)病慢性ヒ素中毒症,慢性気管支炎気管支喘息(ぜんそく),喘息性気管支炎肺気腫,およびこれらの続発症などが代表的。
→関連項目四日市喘息

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいびょう【公害病】

大気汚染,水質汚染土壌汚染,騒音・振動など公害を原因または補助因として起きた疾病。日本独特の用語で,外国ではhealth effects of environmental pollutantsなどの言葉が用いられるが,特定の言葉はない。
[〈公害健康被害補償法〉の制定]
 1959年に石油コンビナートが操業を始めた四日市で,その直後から健康被害の苦情が多発しはじめ,64年度の厚生省によるばい(煤)煙影響調査の結果,四日市の喘息(ぜんそく)様の呼吸器疾患の多発は大気汚染によるものであるという発表がなされ,これを受けて四日市市が公害病としての独自の医療扶助制度を開始したことが一つの契機となって,公害病という用語が社会的に広がり,定着してきたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうがいびょう【公害病】

公害を原因として引き起こされた疾病。水俣病、イタイイタイ病、大気汚染による呼吸器障害など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公害病
こうがいびょう

広義には公害が原因でおこるすべての疾病をさす場合もあるが、普通は公害によって健康上の被害を受けた人々を救済する法律(公害健康被害補償法)に指定されている疾病をいう。1964年(昭和39)四日市市の喘息(ぜんそく)様呼吸器疾患(四日市喘息)の多発が大気汚染によるものであることが判明し、市当局が公害病として患者の救済を開始したことを契機とし、ジャーナリズムによって広められた日本独特の用語である。天然資源の乏しい狭い国土に過密的飽和人口を抱える日本固有の条件を背景にしていることが、公害病の特徴である。
 公害健康被害補償法(昭和48年法律111号)では、事業活動そのほか人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる著しい大気の汚染、または水の汚濁(水底の底質が悪化することも含む)の影響による健康被害にかかわる損害をその対象としており、汚染の影響による健康被害を、一般的な大気汚染による非特異的な疾病と、特定の汚染物質による大気汚染や水質汚濁の影響による特異的疾病の二つに分類し、前者を第一種地域、後者を第二種地域として、それぞれ政令により指定地域と指定疾病を決めている。第一種地域では慢性気管支炎、気管支ぜん息、ぜん息性気管支炎、肺気腫(はいきしゅ)など、第二種地域では水俣(みなまた)病(水俣湾沿岸、阿賀野(あがの)川下流)、イタイイタイ病(神通(じんづう)川下流)、慢性ヒ素中毒症(島根県津和野町笹ヶ谷(ささがたに)、宮崎県高千穂町土呂久(とろく))などである。
 公害病でもっともむずかしいのは認定問題である。すなわち、汚染物質や汚染現象と病気やその症状および所見の間にはっきりした因果関係が証明されれば問題ないが、実際には多くの複雑な要素が加わるために、立証することがきわめて困難である。このため専門家の間にも判断の相違がみられたり、とくに関係者の利害や関心が異なるとまったく相反する意見となることもあり、社会的にさまざまな紛争を生じる原因となる。この問題について環境庁(現環境省)の中央公害対策審議会(現中央環境審議会)では、公害損害賠償保証制度諮問委員会医療分科会の「主として医学の立場からみた公害損害賠償保証制度の基本問題について」と題する中間報告で見解を発表した。その要旨の抜粋を次にまとめた。[重田定義]

因果関係についての基本的な考え方


(1)法的な因果関係の判断は、実験医学、基礎医学(病理など)、臨床医学、疫学の各分野の知見をもととするが、確率の概念の導入により蓋然(がいぜん)性があれば法的に因果関係があるものとして扱うこととするのが最近の判例、学説で定着しつつある考え方であり、妥当である。
(2)ある人口集団の特定の疾病とその人口集団が暴露されたか、また暴露されている環境汚染との間に疫学的手法によって関連性が証明され、これにさらに他の医学的知見を加えていちおう因果関係があると判断された場合、その人口集団のなかの当該特定疾病にかかっている個人については、その個人の疾病と環境汚染との関係を否定する特別の事情がない限り、因果関係があるものとみなすことを制度上の取決めとすることが不可欠である。[重田定義]

疾病の認定

非特異的疾患といわれる大気汚染系疾病については、疾病と大気汚染物質との因果関係を個々の患者について明らかにすることはきわめて困難であるので、個々の指定疾病にかかわる健康被害者について、大気汚染との間に因果関係があるとみなす制度上の取決めとして、地域指定および暴露要件を導入することとし、これらの要件は、大気汚染調査、疫学調査、医学的所見を基礎として定めるものとする。特異的疾患については、原則的には疾病と原因物質との関係を個々の患者について判断することが望ましい。つまり、非特異的な大気汚染にかかわる疾患では、多くの場合個々に厳密な因果関係の証明を行うことはまず不可能なので、疫学調査結果に基づき、人口集団について因果関係があると法的に判断される第一種の大気汚染地域については、暴露期間についての要件を満たしていれば法的に因果関係があるとみなすという取決めをしている。すなわち、指定地域、暴露要件、指定疾病の三つの条件を満たせば、個々の患者について大気汚染と法的因果関係があるというわけである。
 地域の指定に際しては、一定以上の大気汚染が生じており、かつその影響による疾病が多発していることが必要であり、長年月にわたる大気汚染データの評価と慢性気管支炎の有症率調査結果を基礎としている。特異的疾患については、一般にその物質がなければその疾病はおこりえないという考え方にたっている。そこで、汚染物質と、それと特異的な関係にある疾病を科学的な調査研究に基づいて指定しており、その疾病の多発している地域を第二種地域として指定している。特異的疾患の認定にあたっては、特定の汚染物質に対する暴露の事実の証明と、その特定の疾患にかかっている個人についての医学的診断に基づいて行われている。[重田定義]

認定と補償給付について

指定地域のある都道府県または政令で定める市には、医学や法律学そのほか公害健康被害の補償に関する学識経験を有する15名以内の委員によって構成される公害健康被害認定審査会が設置され、知事または市長がこの審査会の意見を聞いて認定を行う。審査会は、患者から、指定疾病にかかっていることを示す主治医の診断書を添えた認定申請を受けて審査を行う。認定には、指定疾病であるか否かという医学的認定と、被害補償給付や遺族補償給付など補償給付の受給資格に関する認定の二つがある。認定に関連して暴露期間などについての条件を適正に確認することのほかに、所要の機能検査や臨床検査を行う場合が多い。[重田定義]
『城戸謙次編『公害健康被害補償法』(1975・ぎょうせい) ▽環境庁企画調整局環境保健部保健業務課編『公害医療ハンドブック』(1976・週刊日本医事新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公害病の言及

【疫学】より

… 近年,疫学に対する司法,行政面からの期待も強まって,疫学的因果関係が注目されるようになった。疫学的因果関係とは,たとえば公害病など集団的に発生した疾病と環境汚染との因果関係を疫学的に立証することをいう。〈原因〉と目されることが〈結果〉つまり公害病を引き起こすと断定するためには,次の5条件が原因と結果の間に成立することが要求される。…

※「公害病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公害病の関連キーワード大気汚染物質環境破壊環境汚染水質汚染汚染物空気汚染公害物質公害防止産業湿性大気汚染土壌汚染防止法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公害病の関連情報