中国共産主義青年団

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国共産主義青年団

中国共産党の青年組織。略称共青団」として知られ、団員からの入党はエリートコース。出身者らは党内で「団派」と呼ばれる。団トップの第1書記を務めた胡錦濤前総書記や李克強副首相ら、後に党指導部入りした幹部経験者は少なくない。

(2013-02-18 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくきょうさんしゅぎせいねんだん【中国共産主義青年団 Zhōng guó gòng chǎn zhǔ yì qīng nián tuán】

将来の中国共産党員をめざす先進的青年分子によって構成される大衆団体。現在の青年団は1949年4月,中国新民主主義青年団として正式に成立したものであるが,その前身は1922年5月広州に成立した中国社会主義青年団(25年現呼称に改める)とされる。57年に中国共産主義青年団の名称を復活したのちの全国代表大会は,これらすべての大会を通算して数えている。団員は満14~25歳で,それ以下の満7~14歳の少年は,共青団の指導する少年先鋒隊に加入する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国共産主義青年団の関連情報