中太(読み)なかぶと

大辞林 第三版の解説

なかぶと【中太】

( 名 ・形動 )
中ほどが太くなっている・こと(さま)。 「 -な筆」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐ぶとり【中太】

〘名〙 (形動) 中程度にふとっていること。やや肥満していること。また、そのさま。
※春の潮(1908)〈伊藤左千夫〉一二「背の低い顔の丸い中太(チュウブト)りの」

なか‐ぶと【中太】

〘名〙 (形動) 中ほどが太くなっていること。また、そのもの。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉伸び行く「仔犬の〈略〉いやに中太(ナカブト)な胴っ腹を、両手にぐいとひっ掴んで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中太の関連情報