コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央水 ちゅうおうすいCentral Water

海の事典の解説

中央水

各大洋の中央部、亜熱帯域に見いだされる水塊を言う。北太平洋では北に亜寒帯水と南に赤道水に接している。大洋によって、また南北太平洋ではその西部と東 部で、その性質に若干の差があるので、西部北太平洋中央水、北大西洋中央水というように呼ぶ。各中央水の特性は、T-Sダイアグラム上でほぼ一つの直線で 表わされる。北太平洋の中央水、特に亜寒帯水の影響を強く受ける東部太平洋中央水は、他の中央水に比べて塩分が少ない。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

中央水の関連キーワードイェフゲーニイ フョードロフマリエッタ シャギニャン水産総合研究センターシャギニャーンシャギニャン亜熱帯収束線木曽三川公園桜田 勝徳水産研究所村上 隆吉帝国水産会亜熱帯前線平賀 敏村上隆吉津軽海峡中暖層対流圏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央水の関連情報