コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山直熊 なかやま なおくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山直熊 なかやま-なおくま

1880-1904 明治時代の軍事探偵。
明治13年5月生まれ。36年清(しん)(中国)にわたり,邦字新聞「北支那毎日新聞」の記者となる。37年日露戦争がはじまると,横川省三,沖禎介らとチチハル付近の鉄橋を爆破しようとして発見され逃走中,同年4月15日ごろ殺された。25歳。熊本県出身。済々黌(せいせいこう)中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中山直熊の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android