コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中嶋大刀自咩 なかじまの おおとじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中嶋大刀自咩 なかじまの-おおとじめ

?-? 平安時代前期の女性。
近江(おうみ)(滋賀県)浅井郡の戸主である的(いくはの)吉野の戸籍の構成員。弘仁(こうにん)14年(823)から承和(じょうわ)3年(836)にかけて,近江坂田郡や京都右京の人々から墾田をかい,土地購入の許可書を交付された。中嶋大刀自古と同一人物か。名は大刀自女ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android