コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川小十郎 なかがわ こじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川小十郎 なかがわ-こじゅうろう

1866-1944 明治-昭和時代前期の官僚,教育家。
慶応2年1月4日生まれ。明治26年文部省にはいり,西園寺公望(さいおんじ-きんもち)文相の秘書官をつとめ,また京都帝大書記官として創立事務を担当する。33年京都法政学校(現立命館大)を創設。のち西園寺首相秘書官,台湾銀行頭取,立命館大初代総長などをつとめる。貴族院議員。昭和19年10月7日死去。79歳。京都出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の中川小十郎の言及

【立命館大学】より

…京都市北区等持院北町に本部をおく私立大学。1900年文部官僚だった中川小十郎(1866‐1944)が創立した京都法政学校を起源とする。京都帝国大学の教授らを講師として法律・経済の2科を設け,夜間学級の形態をとった。…

※「中川小十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中川小十郎の関連キーワード西園寺公望内閣立命館大学土井 貞枝土井貞枝流政之教育家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android