中巻(読み)ちゅうかん

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐かん ‥クヮン【中巻】

〘名〙 (古くは「ちゅうがん」か) 上・中・下に分かれている書物の中の巻。
古事記(712)「古事記中巻」

なか‐まき【中巻】

〘名〙 短刀の一種。昔、さやに納めないで携行したもの。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中巻の関連情報