中手骨(読み)ちゅうしゅこつ(英語表記)metacarpal bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中手骨
ちゅうしゅこつ
metacarpal bone

手掌の骨格の大半を構成する5本の管状骨。母側から第1,2,3,4,5中手骨といい,第1中骨が最も短く,第2中手骨が最も長い。それぞれ底,体,頭の3部から成り,底で手根骨と,頭で指の基節骨と関節を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうしゅこつ【中手骨】

手根骨と指骨との間にある五本の管状骨。てのひらの指の骨根を構成する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうしゅ‐こつ【中手骨】

〘名〙 手根骨と指骨の間にある五本の骨。手の甲に筋立って見える。掌骨。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中手骨の関連情報