コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手骨 シュコツ

3件 の用語解説(手骨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐こつ【手骨】

手首から指先までの骨。手根骨・中手骨・指骨で構成される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅこつ【手骨】

手首から各指の先までにある骨。手根骨・中手骨・指骨から成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手骨
しゅこつ

手根(手首)から先の骨格を形成する骨をいい、手根骨、中手骨(ちゅうしゅこつ)、指骨に大別される。手根部にある手根骨は8個の小さい骨からなり、4個ずつが近位列(前腕側)と遠位列(手先側)とに2列に配列している。近位列では母指側から小指側に向かって舟状骨(しゅうじょうこつ)、月状骨(げつじょうこつ)、三角骨、豆状骨(とうじょうこつ)が並び、遠位列では同じく大菱形骨(だいりょうけいこつ)、小菱形骨、有頭骨、有鉤骨(ゆうこうこつ)が並ぶ。各骨の名称はそれぞれの形状から名づけられたものである。手根骨で最大なのが有頭骨で、中央に位置していて手首の運動の中心となる。中手骨は指骨と手根骨との間にある管状骨で、細長い5個の骨で構成される。母指側から小指側に向かって第1~第5中手骨とよぶ。各中手骨は近位側の骨端が肥厚した底、細い管状の体、遠位端の肥厚した頭の3部分に分けられる。第1中手骨は母指の中手骨になるが、もっとも短くて太い。指骨は指の骨格で、母指では2個の指骨、他指は3個の指骨で構成される。指骨は中手骨側から基節骨、中節骨、末節骨とよび、母指には中節骨が欠けている。
 正常な手の骨格は手根骨、中手骨および指骨の長軸が、掌側で凹を示す縦穹隆(じゅうきゅうりゅう)とよぶ彎曲(わんきょく)を呈しており、伸筋と屈筋とのバランスが保たれている。手根部の横断面では遠位側の4個の手根骨が掌側に凹形の横穹隆を形成しており、この形状は手掌での把握作業に重要な役割を果たしている。なお、手骨には常在する27個の骨のほかに、種子骨、過剰骨、副骨などがみられることがある。
 手骨のなかでもっとも骨折の多いのは指の基節骨とされる。また、手根骨では舟状骨がもっとも骨折しやすい。これは舟状骨が手根骨の近位列と遠位列とを連絡する位置にあるためである。手の主要な関節には、橈骨(とうこつ)手根関節、手根間関節、手根中手関節、中手指節関節、指節間関節がある。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手骨の関連キーワード手根骨中手骨手の甲手根手根骨 (carpal bones, carpals, carpus, [pl. carpi])中手骨 (metacarpal bones, metacarpals, ossa metacarpi, [pl. ossa metacarpalia])尺側手根骨 (ulner carpal bone)第4手根骨 (4th carpal bone)第2中手骨 (2nd metacarpal bone)第4中手骨 (4th metacarpal bone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手骨の関連情報