手根骨(読み)しゅこんこつ(英語表記)carpal bones

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手根骨
しゅこんこつ
carpal bones

ともいう。手根部にある8個の短骨総称舟状骨月状骨三角骨豆状骨の近位列の4個と,大菱形骨小菱形骨有頭骨有鉤骨の遠位列の4個から成る。根骨は集って手根溝をつくり,手根管底面と両側面を構成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅこん‐こつ【手根骨】

手骨のうち、手首のところにある骨。8個の小骨からなる。
[補説]手根骨を構成する8個の短骨は、4個ずつ2列に並んでいて、近位列には親指側から舟状骨(しゅうじょうこつ)月状骨(げつじょうこつ)三角骨豆状骨(とうじょうこつ)遠位列には同じく大菱形骨(だいりょうけいこつ)小菱形骨有頭骨有鉤骨(ゆうこうこつ)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅこんこつ【手根骨】

手の関節基部を形成する八個の短骨の総称。上下二列に四個ずつ並ぶ。腕骨わんこつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手根骨の言及

【手】より


[手hand]
 手は上述のように,解剖学では手首の関節から先のところをいい,手根,中手,指の3部に区別される。手根wristは手の付け根の〈手首〉と呼ばれる部分で,内部には手根骨carpal bonesという8個の小骨があって,その骨格をなす。手根骨は手のひらの付け根のところにある小さい骨で,8個が4個ずつ2列に並んでいる。…

【橈骨】より

…四肢のすべての長骨についていえることだが,橈骨も祖先の魚類の胸びれの骨格を受け継いだものとして原始両生類に現れて以来,高等哺乳類に至るまで,その配置や全般的性格は本質的にほとんど変わっていない。ただ二次的に水中や地中生活に適応した動物では,橈骨が手首の手根骨と同様の塊状の骨になったり(首長竜,魚竜),極度に太短くなったり(クジラ,モグラ)することがある。また,骨格の退化や融合の傾向が強いカエル類では,後肢の下腿(ひざから足首まで)の2本の骨と同様に,橈骨は発生過程で尺骨と融合し,橈尺骨と呼ばれる1本の骨になる。…

※「手根骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android