コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村昌義 なかむら まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村昌義 なかむら-まさよし

1931-1985 昭和時代後期の小説家。
昭和6年1月31日樺太(からふと)(サハリン)生まれ。和洋女子大図書館勤務をへて,執筆に専念する。昭和51年以来「静かな日」「出立の冬」「淵の声」と3回芥川賞候補となる。55年「陸橋からの眺め」で芸術選奨新人賞。昭和60年1月13日死去。53歳。早大中退。本名は重敬(しげたか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村昌義の関連キーワード小説家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android