出立(読み)いでたち

精選版 日本国語大辞典「出立」の解説

いで‐たち【出立】

〘名〙
① 家を出たあたり。門前。
※書紀(720)雄略六年二月四日・歌謡「隠国(こもりく)の 泊瀬の山は 伊底拕智(イデタチ)の よろしき山 走り出の よろしき山の」
② 旅立ち。門出(かどで)。出発。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「『いでたちしたりし』などありしかば」
③ 使者出発の際の儀式作法。
※栄花(1028‐92頃)初花「殿は使の君の御いでたちの事、御覧じ果ててぞ」
④ 旅立ちする際の食事。また、送別の祝宴。
※史記抄(1477)一三「晨炊蓐食は、出立ばしするやうにねむしろで食たぞ」
⑤ 立身出世。栄達。
※源氏(1001‐14頃)若紫「大臣ののちにて、いでたちもすべかりける人の、世のひがものにて」
⑥ 出仕。宮仕え。
※平家(13C前)一「大宮ものうき御いでたちなれば、とみにもたてまつらず」
⑦ (旅立ち、出陣など)晴れの行為の準備。身じたく。
※後撰(951‐953頃)春下・一四〇「やへむぐら心のうちに深ければ花みにゆかむいでたちもせず〈紀貫之〉」
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「あはれに心細くて、ただ京のいでたちをすれど」
⑧ 身ごしらえ。服装。扮装(ふんそう)
※謡曲・鞍馬天狗(1480頃)「さても沙那王がいでたちには、肌には薄花桜の単(ひとえ)に、顕紋紗(けんもんしゃ)の直垂の」
⑨ (御用始めの意か) 平安時代、太政官の少納言局に属し、記録をつかさどった外記(げき)の政始(まつりごとはじめ)の儀式作法。
※西宮記(969頃)七「出立、弁少納言西屏下、当外記門南上東面、外記史列立」

いで‐た・つ【出立】

〘自タ四〙
① ある場所に出て立つ。
※古事記(712)下・歌謡「おしてるや 難波の崎よ 伊伝多知(イデタチ)て わが国見れば」
② 外に現われる。出る。出てくる。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「女は、かき集めたる心のうちに催さるる涙、ともすればいでたつを慰めかね給ひつつ」
③ 出発する。旅立つ。
※万葉(8C後)二〇・四三七三「今日よりは顧みなくて大君の醜(しこ)の御楯と伊埿多都(イデタツ)我は」
④ 宮仕えに出る。出仕する。
※源氏(1001‐14頃)帚木「宮仕へにいでたちて」
⑤ 立身出世する。
※今昔(1120頃か)二四「此が出立(いでたち)なば、主計・主税の頭・助にも大夫の史にも、異人は更に可競き様无(なき)なめり」
⑥ 整った姿をする。身じたくする。晴れの装束をつける。扮装する。
※平家(13C前)五「馬、鞍、〈略〉刀にいたるまで、照り輝く程にいでたたれたりしかば」
⑦ 山などがそびえ立つ。
※万葉(8C後)三・三一九「こちごちの 国のみ中ゆ 出立有(いでたてる) 富士(ふじ)の高嶺は」

で‐たち【出立】

〘名〙
① 旅立ち。門出(かどで)。出発。いでたち。しゅったつ。
※羅葡日辞書(1595)「Viáticum〈略〉Detachini(デタチニ) クワスル メシ」
② 旅立ちする際の食事。宿を出る際の食事。いでたち。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)二「手枕さだかならず目覚めて、出立(デタチ)(たく)女に」
③ はじまり。発端。第一歩。また、出始め。
※蓮如御文章(1461‐98)二「その信心といふはなにの用ぞといふに〈略〉凡夫が、たやすく彌陀の浄土へまいりなんずるための出立(でたち)なり」
※交隣須知(18C中か)二「犢 タケノコノ デタチハ キナウシノ コノ ツノノ ヨフニゴザル」
④ 身なり。服装。扮装(ふんそう)。いでたち。
※史記抄(1477)一一「冠雄━いったう人のせぬてたちぞ」
※咄本・当世手打笑(1681)五「或時、女出立(デタチ)をして、夜あくるまでおどり、くたびれて部やに入」
葬礼の出棺。でたて。

いだし‐た・つ【出立】

〘他タ下二〙
① (用意をととのえて)人を外へ出してやる。出立(しゅったつ)させる。促して出す。
※伊勢物語(10C前)六九「あしたには狩にいだしたててやり」
② 宮仕えに出す。出仕させる。
※竹取(9C末‐10C初)「宮仕へにいだしたてばしぬべし」
③ 声に出して歌う。歌い出す。
※源氏(1001‐14頃)篝火「頭中将、心づかひして、いだしたてがたうす。〈略〉忍びやかに謡ふ声、鈴虫にまがひたり」

で‐た・つ【出立】

〘自タ四〙
① 出発する。いでたつ。
※杜詩続翠抄(1439頃)六「ここをはれと、死(しに)にてたって行也」
② 身じたくを整える。扮装(ふんそう)する。いでたつ。
※両足院本山谷抄(1500頃)一五「美女を道士の如くてたたせて此冠をきせたらば似合ずぞ」
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「ワカイ モノドモヲ キレイニ detataxe(デタタセ)黒船〕」
③ 出棺する。

で‐たて【出立】

〘名〙
① 出てのないこと。また、そのもの。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一二「湯から出(デ)たての奇麗な繊い指を、代助の前へ広げて見せた」
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「まだ学校を出たての勉強ざかりの頃」
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)七「ヤ出立(でたテ)とは御病人にぎゑんの悪い事いふた」

しゅっ‐たつ【出立】

〘名〙 出発すること。旅に出ること。発足。かどで。いでたち。出足。しゅったち。
※高野山文書‐正慶元年(1332)七月一二日・荒河荘々官等請文「可止狩猟・出立・落付事」
※歌舞伎・青砥稿花紅彩画(白浪五人男)(1862)四幕「この身はやっぱり鎌倉の中に隠れて、後より出立(シュッタツ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出立」の解説

しゅっ‐たつ【出立】

[名](スル)
旅に出発すること。「払暁のうちに出立する」
物事を始めること。
「此仮定から―すれば」〈漱石・趣味の遺伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android