コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津五左衛門 なかつ ござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中津五左衛門 なかつ-ござえもん

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎作者。
元禄(げんろく)(1688-1704)の末ごろ立(たて)作者として江戸山村座のほとんどの狂言制作にかかわる。おおくが合作で「頼政(よりまさ)万年暦」「愛護十二段」などがある。のち津打治兵衛(つうち-じへえ)の門にはいり,津打五左衛門と改名。浄瑠璃(じょうるり)もつくったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android