中津五左衛門(読み)なかつ ござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中津五左衛門 なかつ-ござえもん

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎作者。
元禄(げんろく)(1688-1704)の末ごろ立(たて)作者として江戸山村座のほとんどの狂言制作にかかわる。おおくが合作で「頼政(よりまさ)万年暦」「愛護十二段」などがある。のち津打治兵衛(つうち-じへえ)の門にはいり,津打五左衛門と改名。浄瑠璃(じょうるり)もつくったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android