コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まさ まさ

大辞林 第三版の解説

まさ

花崗かこう岩などが風化・分解してできた砂。瀬戸内海沿岸地方や、愛知県・岐阜県下に発達。
富士・愛鷹あしたか山麓の固結した火山灰土の俗称。
左官用の砂混じりの粘土。床の間の壁などに用いる。まさつち。とこつち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

まさの関連キーワード初鹿野伝右衛門岩下左次右衛門山野十右衛門小河吉右衛門小出長十郎砂石・沙石菅野谷高政懐玉斎正次松平正久塩田義政黒田長寛吉川監物松平正温大見実政宿屋飯盛堀田正時堀田正頌益田兼尭三条実雅まさひろ

まさの関連情報