コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津渓谷 なかつけいこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中津渓谷(高知県)
なかつけいこく

高知県中央部、仁淀(によど)川の支流中津川の渓谷。仁淀川(によどがわ)町名野川(なのかわ)地区から仁淀川本流との合流点名野川渡付近までの下流部は渓流、滝、巨岩など変化に富んだ景観をなし、新緑、紅葉期を中心に探勝に訪れる人も多い。スキー場、キャンプ場もあり、中津山(明神山)など源流部も含めて、中津渓谷県立自然公園に指定されている。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中津渓谷の関連キーワード仁淀川吾川

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android