中津渓谷(読み)なかつけいこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中津渓谷(高知県)
なかつけいこく

高知県中央部、仁淀(によど)川の支流中津川の渓谷。仁淀川(によどがわ)町名野川(なのかわ)地区から仁淀川本流との合流点名野川渡付近までの下流部は渓流、滝、巨岩など変化に富んだ景観をなし、新緑、紅葉期を中心に探勝に訪れる人も多い。スキー場、キャンプ場もあり、中津山(明神山)など源流部も含めて、中津渓谷県立自然公園に指定されている。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android