中津渓谷(読み)なかつけいこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中津渓谷(高知県)
なかつけいこく

高知県中央部、仁淀(によど)川の支流中津川の渓谷。仁淀川(によどがわ)町名野川(なのかわ)地区から仁淀川本流との合流点名野川渡付近までの下流部は渓流、滝、巨岩など変化に富んだ景観をなし、新緑、紅葉期を中心に探勝に訪れる人も多い。スキー場、キャンプ場もあり、中津山(明神山)など源流部も含めて、中津渓谷県立自然公園に指定されている。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android