コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁淀 によど

2件 の用語解説(仁淀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁淀
によど

高知県北西部,仁淀川町南部の旧村域。仁淀川上流右岸に位置し,愛媛県に接する。 1954年別府村,長者村が合体して仁淀村が発足。 2005年池川町,吾川村と合体して仁淀川町となった。四国山地の東斜面に位置し,林業が主産業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁淀
によど

高知県中央部、高岡郡にあった旧村名(仁淀村(むら))。現在は仁淀川町の南西部を占める地域。仁淀川上流右岸に位置する山村。旧仁淀村は、1954年(昭和29)別府(べふ)、長者(ちょうじゃ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)池川町、吾川(あがわ)村と合併して、仁淀川町となった。国道439号が通じる。林野率が89%に及び、耕地率は0.6%、水田は耕地の18%。かつての山畑や焼畑でのトウモロコシ、麦、大豆、アズキ、ソバなどの雑穀栽培や、コウゾ、ミツマタ栽培は衰え、現在は茶の栽培が盛ん。南西部の鳥形(とりがた)山では1971年から石灰岩採掘が大規模に進行、山頂部から切り崩され、山容が著しく変化した。北境の仁淀川本流には大渡(おおど)ダムが建設された。秋葉神社の神輿(みこし)の渡御還幸(とぎょかんこう)に供奉(ぐぶ)する練り行列は「秋葉祭の芸能」として選択無形民俗文化財。鳥形山南西の引割(ひきわり)峠には大引割・小引割(国の天然記念物)とよばれる大亀裂(きれつ)がある。[大脇保彦]
『『仁淀村史』(1969・仁淀村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁淀の関連情報