中船(読み)なかふね

大辞林 第三版の解説

なかふね【中船】

江戸時代から明治時代にかけての歌舞伎劇場で、引き船の中列の席。 → 引き船

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なか‐ふね【中船】

〘名〙 歌舞伎劇場の桟敷の名。江戸中期以後、向こう桟敷の前面に張り出した「引船」と呼ばれる部分の中頃の席をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中船の関連情報