コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桟敷 さじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桟敷
さじき

演劇,相撲など興行場の上等の見物席。古語には仮床 (さずき) といい,地上より高く造られた神招ぎの場所といわれるが,室町時代以降は祭礼や田楽,猿楽などの見物席として,土間に対する上等の席をさすようになった。歌舞伎劇場でもこれを継承して,初期から野天の大衆席の左右に屋根をもった敷があり,元禄年間には2階桟敷も造られた。享保頃に劇場はその全体が一つ屋根におおわれる形式に発達したが,桟敷は1,2階の東西桟敷 (左右の桟敷) ,2階正面の向桟敷 (むこうさじき) となって残った。享和3 (1803) 年の江戸劇場では,東西とも 22間あり,入場料も1階の切落しという大衆席が1人 132文であるのに対し,桟敷は1間 (7人詰) で銀 25~35匁であった。近代になり桟敷は次第に椅子席となり,廃止され,現在では1階の左右の座席などにその名残りをとどめている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さ‐じき【桟敷】

《「さずき(仮庪)」の音変化》
祭りの行列や花火の見物などのために、道路や川などに面してつくる仮設の席。桟敷席。
劇場・相撲場などで、一段高くつくった板敷きの見物席。江戸時代の歌舞伎劇場では、平土間の左右に一段高く2階造りにつくった上等の見物席。桟敷席

さん‐じき【桟敷】

さじき」に同じ。
「勧進能ありしに、金子(きんす)一枚づつの―を」〈浮・永代蔵・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

桟敷【さじき】

劇場,演能場,相撲小屋などの観客席一種。明治以前,客席が全部座席だった時代に,左右両側と2階正面に作られていた上等席のこと。ほとんどが椅子(いす)席になった現代でも,一部の劇場では左右に特別の座席を設け,これを桟敷と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さじき【桟敷】

劇場や演能場,相撲小屋などで,大衆席である土間に対して一段高く床を張って造られた,上級の観客席をいう。その古い例は《古事記》や《日本書紀》に見られる〈仮庪(さずき)〉で,これは観覧席ではなく,神事の際の一段高く床を張った仮設の台,つまり舞台的な意味を持つものだった。観覧席としての桟敷は平安中期以降に多く造られる。これは賀茂祭などの祭礼の行列や,行幸の行列を貴族たちが見物するためのもので,洛中の街頭に多く造られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さじき【桟敷】

〔「さずき」の転〕
祭りや相撲などの興行物を見るために高く作った見物席。さんじき。
劇場で、平土間に対して左右に一段高く設けた席。桟敷席。

さんじき【桟敷】

さじき(桟敷) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桟敷
さじき

日本の劇場における上級の観客席の称。古代祭祀(さいし)において神招(お)ぎの場とされた「さずき」(仮床)が、平安時代には貴族の祭り見物のために仮設される見物席の称に用いられ、さらに中世には神事あるいは勧進の猿楽(さるがく)や勧進田楽(でんがく)などの興行に際して設置される高級の観客席の名称として定着した。歌舞伎(かぶき)や人形浄瑠璃(じょうるり)の劇場もこれを継承し、桟敷席を設けた。初期には三尺高一層式で、下は吹抜けになっていたが、元禄(げんろく)期(1688~1704)には二層式になり、簾(すだれ)なども華美なものを用いるようになった。上等の観客はそれぞれ出入りの芝居茶屋を通じて席を予約し、桟敷で見物した。1階の桟敷を鶉(うずら)と通称するのは、土間の客が立ち入るのを防ぐために2本の横木をはめたのが、鶉の籠(かご)に似ていたからである。1720年(享保5)の江戸・中村座には、東15間、西16間、向(むこう)9間、合計40間(約73メートル)の桟敷があった。
 関東大震災(1923)以後、ほとんどの劇場が椅子(いす)席に改められたが、今日でも東京の歌舞伎座、新橋演舞場、大阪の新歌舞伎座、京都の南座などにその名残(なごり)をとどめている。なお、相撲(すもう)場でも桟敷席の称を使っている。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の桟敷の言及

【歌舞伎】より

…発生的に見ると,初期の女歌舞伎,若衆歌舞伎の時代には先行の勧進猿楽の舞台を襲用し,見物席は屋根を持たない〈芝居〉(芝の生えている場所の意)であった。屋根の付いた桟敷(さじき)が発生すると,これに対する見物席の称として用いられたが,やがて劇場全体を指し,さらにはそこで演じられる演劇自体をも〈芝居〉と呼ぶに至ったのである。最初,周囲は竹矢来を組んだ上に莚(むしろ)をかけた虎落(もがり)で囲み,中央に高く櫓を構え,その下に鼠木戸(〈鼠戸〉とも)という狭い出入口を2ヵ所設けただけの簡単なものであった。…

※「桟敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桟敷の関連キーワードしゃんしゃん影法師山口県長門市東深川風来坊雷神屋敷ボックスシートバルコニーギャラリー向こう桟敷向こう受けテレビ桟敷つまやか宣旨の使脂粉の気芝居茶屋天井桟敷桟敷殿人面樹聾桟敷勧進能バロー高土間

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桟敷の関連情報