コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引船 ひきぶねtug boat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引船
ひきぶね
tug boat

他の船や推進機関をもたないはしけなどを引張って航行する作業船。曳船とも書く。河川での運行などに使われていたが,最近ではもっぱら港内あるいは沿岸の引船,いわゆるタグボートとして造られる。大型船が離接岸したり,ドック入りするときの航行援助に使われるため,速力よりも牽引力が大きく,馬力の強いことが要求される。このタグボートにも,洋上を航行できる大型のものから,小回りのきく小型のものまで,さまざまなものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひき‐ふね【引(き)船/×曳き船/引(き)舟】

引き綱で他の船や筏(いかだ)などを引いていくこと。また、その船。曳船(えいせん)。
江戸中期以後の芝居小屋で、2階正面桟敷の前方に張り出した観客席。
引き舟女郎」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

引船【ひきぶね】

タグボートtug boat。曳船(えいせん)とも。海上,港内,河川などで他船を曳航する比較的小型の船。大型船の港内航行,埠頭(ふとう)での方向転換など操船補助,運河通航,ドック入り,あるいは艀(はしけ),いかだなどの曳航による貨物輸送に従事。
→関連項目ラッシュ船

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひきぶね【引船 tug】

タグボート,曳船(えいせん)ともいう。非自航船の曳航や作業支援に用いられる船で,船体の大きさに比し大出力の機関を搭載し,強力な曳航力をもつのが特徴。港湾用引船と航洋引船に大別される。前者は長さ約30m以下,主機関出力3000馬力程度以下で,はしけ(艀)やいかだ(筏)を曳航するはしけ引船,クレーン船などの曳航,転錨や土運船の曳航を行う作業引船,大型船の離接岸の支援を行う操船用引船がある。港湾用引船では,微速前後進や急速停止などの自由自在な操船を可能にするため,コルトノズル付きプロペラを水平360度旋回させるZ型推進装置をもつ船が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の引船の言及

【作業船】より

…作業台船は,作業の内容に応じて必要な機械類を搭載して作業を行う船で,とくに自己昇降式作業台船はSEP(self elevating platformの略)と呼ばれ,昇降可能な脚によって着底し,作業台本体を海面上にもち上げ,高波浪域での作業を容易にかつ精度よく行うことができる。 押船(プッシャー)は,船首部を艀(はしけ)(バージ)の船尾にはまり込ませ,ロープなどによりバージを連結し押航するもの,引船(タグボート)は,他船を曳引する船で,いずれも低速で大きな推力を得るようコルトノズル推進を採用することが多く,操船性能に優れている。 測量船は音響測深機や船位測定装置などを搭載し,海域の深浅測量を行う。…

※「引船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引船の関連キーワードプッシャーバージ輸送ダクトプロペラ以西底引網漁業ポンポン蒸気霞ヶ浦(湖)噴射推進器船芝居小屋ニシン上五島兼用船特殊船捕鯨縛網前船後船北浦木船海運