コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞伎劇場 かぶきげきじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎劇場
かぶきげきじょう

歌舞伎を演じる劇場。一般的呼称となったのは新しく,かつては芝居小屋,芝居,小屋,芝屋と呼ばれていた。ただし,今日では歌舞伎専有の劇場をさし,歌舞伎上演機能を建築上もっているものをいう。入口にやぐらを組み,竹矢来,むしろ張りで外郭とし,能舞台襲用に始り,次第に付舞台を加え,桟敷土間ともに拡張,板囲い式となり,享保2 (1717) 年板葺屋根が許可され,同9年に全蓋式,客席実現。舞台機構は元文 (36~41) 頃に花道から名のり台を架設,宝暦8 (58) 年には1世並木正三回り舞台を考案,同 12年にせり出しの機構が整い,寛政8 (96) 年には能舞台から踏襲した破風が撤去され,幕末の弘化4 (1847) 年には二重の回り舞台である蛇の目回しを発生させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の歌舞伎劇場の言及

【劇場】より

… 反面,それは世界のさまざまな土地に存在していた多様な劇場のかたちを画一化し,それぞれの土地に固有の演劇の楽しみ方を押しつぶしてしまう結果をもたらした。そのことによって,シェークスピアのグローブ座や江戸時代の歌舞伎劇場,インドや中国の芝居小屋にあった宇宙的な力との交感の場,演じる者と見る者との交流の場としての劇場の特質が失われた。演劇は劇場のうちに閉じこめられ,演じる者と見る者とが分断される。…

※「歌舞伎劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌舞伎劇場の関連キーワード京都府京都市東山区大橋町浄瑠璃看板八枚看板二番太鼓江戸看板江戸三座すっぽん木戸芸者芝居茶屋名題看板歌舞伎町作者部屋吾妻流山村座仮花道一幕見高土間猿若座中二階櫓太鼓

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌舞伎劇場の関連情報