コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中華全国各界救国聯合会(読み)ちゅうかぜんこくかっかいきゅうこくれんごうかい(英語表記)Zhōng huá quán guó gè jiè jiù guó lián hé huì

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかぜんこくかっかいきゅうこくれんごうかい【中華全国各界救国聯合会 Zhōng huá quán guó gè jiè jiù guó lián hé huì】

中国,上海を中心に組織された全国的な民衆の抗日救亡団体(略称〈全救会〉)。1936年5月31日~6月1日,全国各省市の六十数団体の代表を集めて開催された。代表幹部は沈鈞儒(しんきんじゆ),章乃器(しようだいき),史良,李公樸らで〈大会宣言〉と〈抗日救国初歩政治綱領〉を発表した。趣旨は内戦反対と中国人民が党派,思想信条の違いを越えて一致抗日に当たるというにあった。これには茅盾(ぼうじゆん),夏丐尊(かべんそん)ら100余人参加の中国文芸者抗敵協会も参加していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android