コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中華全国各界救国聯合会 ちゅうかぜんこくかっかいきゅうこくれんごうかい Zhōng huá quán guó gè jiè jiù guó lián hé huì

1件 の用語解説(中華全国各界救国聯合会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかぜんこくかっかいきゅうこくれんごうかい【中華全国各界救国聯合会 Zhōng huá quán guó gè jiè jiù guó lián hé huì】

中国,上海を中心に組織された全国的な民衆の抗日救亡団体(略称〈全救会〉)。1936年5月31日~6月1日,全国各省市の六十数団体の代表を集めて開催された。代表幹部は沈鈞儒(しんきんじゆ),章乃器(しようだいき),史良,李公樸らで〈大会宣言〉と〈抗日救国初歩政治綱領〉を発表した。趣旨は内戦反対と中国人民が党派,思想信条の違いを越えて一致抗日に当たるというにあった。これには茅盾(ぼうじゆん),夏丐尊(かべんそん)ら100余人参加の中国文芸者抗敵協会も参加していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中華全国各界救国聯合会の関連キーワード職業別組合帝国教育会山伏後援会校友会自警団新体制全労済単位農協宅地建物取引業協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone