コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈鈞儒 しんきんじゅ

百科事典マイペディアの解説

沈鈞儒【しんきんじゅ】

〈ちんきんじゅ〉とも。中国の政治家。浙江省の人。清末日本に留学。中国同盟会に入会。1928年弁護士となる。のち抗日救国運動を推進。1936年全国各界救国連合会を結成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんきんじゅ【沈鈞儒 Shěn Jūn rú】

1875‐1963
中国,現代の政治家。浙江省嘉興県人,字は衡山,清末の進士。日本の法政大学卒業。帰国後辛亥革命に参加した。五・四運動に共鳴して新道徳・新文化を提唱した。国民革命期には浙江省臨時政府政務委員となり,のち上海法科大学教務長となり,さらに弁護士を開業して上海弁護士会主席となった。1932年宋慶齢,魯迅らの中国民権保障同盟に参加,35年以来抗日救国運動の中心として活動,翌年抗日七君子の一人として逮捕された。44年民主同盟結成の中心となり,新中国成立後最高人民法院院長,人民代表大会常務委員会副委員長,民主同盟主席などを歴任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈鈞儒
ちんきんじゅ / シェンチュンルー
(1873―1963)

中国の法律家。字(あざな)は衡山。浙江(せっこう/チョーチヤン)省出身。清(しん)末に進士の試験に合格後、日本に留学、孫文の中国同盟会に参加、法政大学を卒業して上海(シャンハイ)に帰り、弁護士を開業。「満州事変」以後、抗日救国運動の先頭にたち、1936年、いわゆる救国七君子事件の一人として国民政府に逮捕された。抗戦中は重慶(じゅうけい/チョンチン)にあって、張瀾(ちょうらん)らとともに中国民主同盟を結成して、第三勢力の結集を図り、1949年9月、北京(ペキン)での全国人民政治協商会議に参加、中華人民共和国成立と同時に最高人民法院院長に就任した。ついで1954年、第1期全国人民代表大会常務委員会副委員長、1959年、第2期でも再選され、現職のまま死去した。民主勢力の象徴として、その古風な長いひげの風貌(ふうぼう)とともに多くの人々に親しまれた。[安藤彦太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沈鈞儒の関連キーワード中華全国各界救国聯合会シエンチュンルー中国民主同盟抗日救国会安藤彦太郎国民参政会日中戦争抗日運動章乃器鄒韜奮史良

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android