コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

章乃器 しょうだいき

3件 の用語解説(章乃器の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

章乃器【しょうだいき】

中国の政治家,経済学者。浙江省の人。独学で経済学を学び,光華大学教授,安徽省財政庁長などを歴任。抗日戦争中は民族統一戦線擁護の理論家として活躍。抗日七君子の一人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだいき【章乃器 Zhāng Nǎi qì】

1894‐1977
中国,浙江省青田出身の経済評論家。浙江実業銀行副経理。1931年の九・一八事変(満州事変)後,沈鈞儒(しんきんじゆ),鄒韜奮(すうとうふん),沙千里らとともに全国各界救国聯合会の指導者として,抗日民族統一戦線を結成したが,七君子事件で投獄された。戦時中は救国会を離れ,上川企業公司を創設,また酒精廠,運輸合作社等を経営した。45年12月,黄炎培らと民主建国会を組織して重要幹部となり(民主党派),52年8月政務院食糧部長に就任したが,58年2月,右派分子として追放された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

章乃器
しょうだいき / チャンナイチー
(1894―1977)

中国の銀行家、実業家。浙江(せっこう/チョーチヤン)省青田の人。1920年浙江省立商業学校卒業。浙江実業銀行に入り、同行副経理(副頭取)となる。1935年上海(シャンハイ)文化界救国会を組織、1936年5月沈鈞儒(ちんきんじゅ/シェンチュンルー)らと全国各界救国連合会を組織し、連共抗日を国民政府に要求。11月沈らとともに投獄され「抗日七君子」の一人となり、抗日の世論を沸き起こした。1937年盧溝橋(ろこうきょう)事件後に釈放。第二次世界大戦後、黄炎培(こうえんばい/ホワンイェンペイ)らと中国民主建国会を組織し、国民党独裁・内戦に反対した。1949年9月政治協商会議全国委員会常務委員。同年10月の新中国成立後は政務院糧食部長、中国銀行常務理事、全国人民代表大会四川(しせん/スーチョワン)省代表などを務めたが、1957年右派分子として批判され失脚。1977年5月北京(ペキン)で病死。1982年名誉回復。著書には『中国貨幣制度往那去(中国貨幣制度はどこに行く)』など。[阿川修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

章乃器の関連キーワード浙江省銭塘江宋素卿青田売買建徳紹興浙江浙江財閥台嶺青田刈

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone