党派(読み)とうは

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐は タウ‥【党派】

〘名〙
① 主義・思想などを同じくする者が集まってつくった団体。党。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五二「マルツラバースは屡々サクシンガム侯の招待を受れども、元来其党派を異にし」
② 党の中の分派。
③ 行動などをともにする仲間。組。
※春雨文庫(1876‐82)〈和田定節〉一三「諸藩の徒が〈略〉攘夷の鎖港のと騒ぎたて日々にその党派を集め当横浜港をも襲はんとする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐は〔タウ‐〕【党派】

考え方・主義や利害関係などを同じくする人々の集まり。党。
党の中の分派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android