コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西正好 なかにし まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西正好 なかにし-まさよし

?-? 江戸時代前期の和算家。
豊臣秀吉の馬廻だった川勝広綱につかえる。のち弟の正利とともに池田昌意(まさおき)に和算をまなぶ。関孝和(たかかず)の門弟に天元術をおそわり中西流と自称した。天和(てんな)3年(1683)「勾股弦適等(こうこげんてきとう)集」をまとめる。通称は十太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中西正好の言及

【関流】より

…大島喜侍の弟子三池市兵衛を始祖とする三池流は金沢を中心として広がった。関孝和と同時代の中西正好を始祖とする流派を中西流という。そのほか,流派は日本中いたるところにたくさんあるが,これらの流派の間はとくに排他的ではなく,それぞれよいところを吸収しあって発展した。…

※「中西正好」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中西正好の関連キーワード和算家西流

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android