コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中里時夫 なかざと ときお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中里時夫 なかざと-ときお

1913-2005 昭和-平成時代の陶芸家。
大正2年12月1日生まれ。長崎県佐世保の三川内焼(みかわちやき)白磁染付の献上唐子(からこ)焼の技術伝承者。伝統の手描き絵付に専念し,制作技法の保護につとめる。昭和35年県無形文化財保持者に指定された。平成17年1月4日死去。91歳。長崎県出身。号は平戸雅松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中里時夫の関連キーワード牧野省三ラムサール条約[各個指定]芸能部門日本のラムサール条約登録湿地[各個指定]工芸技術部門小泉純一郎内閣チームⅩカフカセネットAPEC

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android