長浜(読み)ながはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長浜
ながはま

愛媛県西部,大洲市北西部の旧町域。肱川が北流し伊予灘に注ぐ。 1889年町制。 1955年白滝村,大和村,出海村,櫛生村,喜多灘村の5村と合体。 2005年大洲市,肱川町,河辺村と合体し大洲市となる。海岸まで中央構造線断層崖が迫って平地が少ない。中心集落の長浜は,江戸時代には大洲藩の船奉行所が置かれ,肱川流域で産する木材の積出港として繁栄。 1940年予讃線の開通により港の機能は一時衰微したが,現在は 1000t級船舶が着岸できる港として木材,鉱石,砂利の積出港となっている。河口左岸は海水浴場,右岸の埋立地には化学工場が立地している。ミカンの栽培が盛ん。国の重要文化財の銅鐘がある出石寺,瑞龍寺などの古刹がある。一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ながはま【長浜】[滋賀県の市]

滋賀県の北端琵琶湖岸にある市。もと今浜といったが、羽柴秀吉城下町をつくり、長浜と改めた。ビロード縮緬(ちりめん)の産地。平成18年(2006)浅井(あざい)町・びわ町と合併。平成22年(2010)に周辺6町を編入。人口12.4万(2010)。

ながはま【長浜】[ロシアの旧地名]

ロシア連邦の村オジョルスキーの、日本領時代の名称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながはま【長浜】

滋賀県北部、琵琶湖に面する市。もと今浜といい、戦国時代、羽柴秀吉が城下町を開いて長浜と改めた。縮緬ちりめん・ビロード・蚊帳かやなどの繊維工業が発達。
三重県北部の海浜か。⦅歌枕⦆ 「君が代は限りもあらじ-の真砂の数はよみつくすとも/古今 大歌所

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の長浜の言及

【浜田[市]】より

…明治維新後,殿町など浜田川北岸の侍屋敷は官公庁街,住宅街に,南岸の町屋は商店街となった。日本海沿岸はリアス海岸で冬の季節風を防ぐのによく,帆船時代,とくに長浜港(現在は浜田港に含まれ,商港となっている)は朝鮮交易で栄えた。浜田港は明治半ばに外国貿易港に指定され,神戸税関支署も置かれた。…

※「長浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長浜の関連情報