大崎(読み)おおさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大崎
おおさき

広島県南部,芸予諸島大崎上島北西部と長島を含む小島からなる地域。旧町名。 1955年西野村と中野村が合体して町制。 2003年木江町,東野町と合体し大崎上島町となった。かつては塩田による製塩業が行なわれた。現在耕地の多くはミカン畑で占められ,散在する小干拓地で米作を行なう。特産品にブルーベリーがある。大西には小型鋼船の造船所が立地。本土への玄関口は中心集落の中野で,東広島市安芸津とフェリーで結ばれている。西部に大串外浜海水浴場があり,海域は瀬戸内海国立公園に属する。

大崎
おおさき

東京都品川区北部の地区。住宅・工業地区。目黒川の谷と背後の台地にまたがる。低地は城南工業地区の一部で電気,機械工場などがある。台地上は住宅や立正大学などがある。 JR大崎駅は貨物の取扱いが多く,JR東日本の大井工場への引込み線が分岐する。また,駅東側には複数の企業,ホテル,商店が集合したビル (大崎ニューシティ) がある。

大崎
おおさき

和歌山県北西部,海南市南西部の集落。旧町名。 1955年下津町と合体し,2005年海南市と合体した。紀伊水道の下津湾北岸の古い港町で,江戸時代廻船寄港漁業および山地でのミカン栽培が盛んであった。現在は石油貯油場がある。

大崎
おおさき

滋賀県北西部,高島市北東部にある琵琶湖北岸の岬。海津大崎ともいう。付近は沈水地形で岩礁が多く,琵琶湖八景の一つ「暁霧・海津大崎の岩礁」で知られる景勝地。 1940年湖岸道路が開通して観光地として脚光を浴び,春のサクラ見物,夏のキャンプ地として有名。釣りの名所でもある。東山中腹に大崎寺 (大崎観音) がある。琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおさき【大崎】

宮城県中北部の市。中心の古川は、江戸時代、陸羽街道の宿場町として発展。鳴子温泉郷がある。
鹿児島県曽於そお郡の町。大隅半島東部に位置。志布志湾に面し、古墳が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕大崎(おおさき)


宮城県北部の地域名。
同県大崎市の一部(旧・古川市の市域)、色麻町加美町涌谷町美里町を含む。室町時代から欺波(しば)氏(大崎氏)が領した地。17世紀初めから仙台(せんだい)藩により新田開発が行われ、稲作地帯となる。ササニシキ米の特産地として知られたが、近年では作付面積が減少している。

〔宮城県〕大崎(おおさき)


宮城県北部の地方名・市名。古代以来の国郡制による志田(しだ)・遠田(とおだ)・加美(かみ)・玉造(たまつくり)・栗原(くりはら)の5郡をいい、大崎平野など自然地理上の概念では東側の登米(とよま)(近代の読みは「とめ」)・桃生(もむのふ)(近代の読みは「ものう」)郡を含める場合もある。室町時代から大崎氏(奥州探題(たんだい)斯波(しば)氏の末裔(まつえい))が領した地。17世紀初めから仙台(せんだい)藩により新田開発が行われ、大稲作地帯となる。現在もササニシキ米の特産地。中央部に2006年(平成18)に大崎市、その3年前に西部に加美町、翌々年に北部に栗原市が成立した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大崎の言及

【大和[町]】より

…江戸時代には三国街道が通じ,中心集落浦佐は宿場として,また毘沙門堂(普光寺)の門前町として栄えた。魚野川東岸の大崎は八海山の登山口にあたり,大前(おおさき)神社は火渡祭でも知られる。水無川の扇状地八色原(やいろつぱら)では1965年から国営の開拓事業が始められ,78年完成,機械化農業が行われている。…

※「大崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大崎の関連情報