コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間コード ちゅうかんこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

中間コード

プログラムにおいて、ソースコードから最終的にコンピューターが実行する形式に変換する過程で、一時的に作成されるコードのこと。人間に理解可能な形式のソースコードをコンピューターが実行するためには、文法チェックや構文解析などの処理が必要である。中間コードは、文法チェックや構文解析などが処理済みで、ソースコードよりはコンピューターが直接実行できる形式に近いコードのことを指す。たとえばJavaでは、ソースコードをバイトコードと呼ばれる中間コードに変換し、クライアントはJava VM(Virtual Machine)でこれを実行する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐コード【中間コード】

intermediate code》⇒中間言語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

中間コードの関連キーワードJava仮想マシンjavacMSILJIT

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android