コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間コード ちゅうかんこーど

1件 の用語解説(中間コードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

中間コード

プログラムにおいて、ソースコードから最終的にコンピューターが実行する形式に変換する過程で、一時的に作成されるコードのこと。人間に理解可能な形式のソースコードをコンピューターが実行するためには、文法チェック構文解析などの処理が必要である。中間コードは、文法チェックや構文解析などが処理済みで、ソースコードよりはコンピューターが直接実行できる形式に近いコードのことを指す。たとえばJavaでは、ソースコードをバイトコードと呼ばれる中間コードに変換し、クライアントはJava VM(Virtual Machine)でこれを実行する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中間コードの関連キーワードオブジェクトコードオブジェクトプログラム空文ソースコードソースプログラムプログラマープログラムプログラム制御プログラムソースソース・コード

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中間コードの関連情報