コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸一 マルイチ

大辞林 第三版の解説

まるいち【丸一】

(丸に一の紋を用いたことから)江戸の太神楽だいかぐらの組の一。また、太神楽の通称。 「 -をやめ倹約で角兵衛じし/柳多留 16

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の丸一の言及

【獅子舞】より

… 二人立ちの獅子舞は祭礼のお練りや田楽(でんがく)にも舞われるが,獅子神楽と呼ばれる太神楽(だいかぐら)や山伏神楽にもっとも定着した。太神楽は獅子舞による祈禱と余興としての曲芸(散楽(さんがく))からなるもので,三重県桑名市太夫町に本拠を置く伊勢太神楽と,もと尾張熱田に出て徳川家の江戸入府に伴い江戸太神楽となった丸一(まるいち)が代表的な存在である。全国の悪魔払いや豊年祈願などの二人立ちの獅子舞はたいてい太神楽の獅子舞に入る。…

【太神楽(代神楽)】より

…寄席芸で太神楽というと日本式の曲芸を指すようにさえなった。今日の太神楽は三重県桑名市太夫に本拠を置く〈伊勢太神楽〉と東京都台東区上野桜木町に本拠を置く〈江戸太神楽〉(丸一)が代表的である。江戸系はもと尾張を故地とする〈熱田派〉が,江戸時代前半期に江戸に本拠を移したものである。…

※「丸一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

丸一の関連キーワード吉丸一昌記念館 早春賦の館春野百合子(2代)大分県臼杵市市浜下北沢ダイハード故郷を離るる歌スーパースタースナップ写真青山堂枇杷麿鏡味 小鉄中野 武二カサ・ミラ施薬院全宗相原美奈子朝吹 英一毛利氏城跡ほしいずみ荒川 芳丸西墻由香浮れ達磨丸一鋼管

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸一の関連情報