コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太神楽 だいかぐら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太神楽
だいかぐら

獅子を舞わせて悪魔払い火伏せなどを祈祷する神楽の一種。「大神楽」「代神楽」とも書く。2人立ちの獅子であるが,1人立ちで舞うことも多く,祈祷のほかに,種々の曲芸や狂言風の掛合芸を次第に演じるようになり人気を呼んだ。伊勢と尾張には神楽組があり,初春になると諸国に巡回に出た。その影響を受けて,各地でもこの神楽を演じるようになったが,その一部は大道芸となり,余技であった曲芸のほうに力を注ぎ,江戸の太神楽のように寄席芸となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐かぐら【太神楽/代神楽】

伊勢神宮へ一般の参詣人が奉納する神楽。御師(おし)邸内で行われた。太太(だいだい)神楽。
1から転じた江戸時代の大道芸。もとは伊勢神宮や熱田神宮の下級神官が全国各地を回って神事としての獅子舞(ししまい)を行うものであったが、しだいに曲芸や茶番などを行うようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太神楽【だいかぐら】

大神楽,代神楽とも書く。獅子(しし)舞を中心に品玉(しなだま),曲鞠(きょくまり),皿(さら)回しなどを演ずる曲芸。伊勢神宮の太神楽から発したともいわれ,もと荘厳な神楽舞の遺風があったが,江戸時代に大道芸として盛行,のち屋内芸となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

太神楽

江戸時代末期から寄席芸能として広く大衆の人気を集めた、日本の総合演芸の事を指します。内容として、主に獅子舞をはじめとした「舞」と、傘回しをはじめとした「曲」があります。「おめでとうございま〜す」で有名な海老一染之助・染太郎の曲芸がまさに太神楽です。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太神楽
だいかぐら

獅子(しし)神楽の一種。獅子の霊力によって悪魔祓(ばら)い、火伏せ、息災延命を祈祷(きとう)する二人立ち(一頭に2人入る)の獅子舞で、大神楽、代神楽とも書く。代神楽の名は伊勢(いせ)参りの代参の意に出るという。もと伊勢や尾張(おわり)から出たといわれ、獅子を回しながら、伊勢のお祓いと称して諸国を巡回した。現在も三重県桑名(くわな)市太夫(たゆう)町に伊勢太神楽の組が6組伝わる。12月23、24日、太夫町の増田神社の祭礼に各組が集合し、全曲を交代で奉納するほかは各組とも巡業に出る。その活動範囲は近畿、中部北陸、中国地方の一定の村々で、各戸の竈(かまど)祓いを行う。伊勢太神楽の流れをくむ獅子舞は全国的に分布して祭礼などに奉納される。一方、江戸の太神楽は熱田(あつた)派(尾張派)と伊勢派の二系統があり、早くから江戸に出て寄席(よせ)芸として定着、現在も江戸の太神楽として曲芸(テゴト)や滑稽掛合(こっけいかけあ)い(シコナ)を演じている。[渡辺伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太神楽の関連キーワード柳川 一蝶斎(3代目)鏡味 小仙(12代目)伊勢太太講・伊勢代代講太神楽・代神楽神田祭(行事)海老一 染太郎海老一染太郎鏡味 仙之助やなぎ 女楽大丸 民之助鏡味 小鉄鏡味 次郎叶家 勝二宮城野温泉油虫・蚜虫鞍馬獅子ひぐちん御山獅子どんつく太太神楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太神楽の関連情報