丸五点(読み)マルゴテン

デジタル大辞泉の解説

まる‐ごてん【丸五点】

俳諧で、宗匠が点をつけるとき、五点の代わりにつけた丸じるし。ただの五点より格が上とされた。輪五点(わごてん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まるごてん【丸五点】

俳諧で、宗匠の批点の一。普通の五点よりすぐれていることを表す丸印。輪五点。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まる‐ごてん【丸五点】

〘名〙 俳諧の点譜の一つ。宗匠が点をつけるとき、五点の代用としてつけた丸印。ただの五点よりも価値があった。輪(わ)五点。
雑俳・柳多留‐一四三(1836)「雪の国田毎に月の丸五点」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android