コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸尾[温泉] まるお

1件 の用語解説(丸尾[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まるお【丸尾[温泉]】

鹿児島県北東部,姶良(あいら)郡牧園町の霧島温泉郷に含まれる温泉。単純硫化水素泉,36~80℃。霧島山中腹に位置し,隣接する林田温泉とともに霧島観光の中心地。1819年(文政2)に発見されたといわれるが,明治中期以降,別荘地として開け,1917年には旅館が建設されて温泉地として発展した。付近には丸尾の滝,布引の滝千畳敷といわれる石畳などの名所がある。日豊本線霧島神宮駅からバスが通じる。【榊原 貴士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丸尾[温泉]の関連キーワード姶良市鹿児島県鹿児島湾鹿児島大学姶良白砂曽於きばいやんせあらざけ黒さつま

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone