コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千畳敷(き) センジョウジキ

デジタル大辞泉の解説

せんじょう‐じき〔センデフ‐〕【千畳敷(き)】

畳千枚を敷くほどの大広間。また、そのような広い場所。
広い岩盤からなる台地状の地形。和歌山県白浜海岸の隆起海食台、埼玉県の長瀞(ながとろ)河床、木曽駒ヶ岳カール地形など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千畳敷
せんじょうじき

畳を千畳もいたような広い岩盤からなる地形。岩石海岸や広い岩盤からなる河床、氷河によって侵食された広い岩盤などにみられる。岩手県陸中海岸の山田湾内の舟越大島、宮城県金華山、和歌山県の白浜海岸などのように波食台が隆起して形成されたものが多い。また河床では埼玉県秩父(ちちぶ)市の荒川沿岸の長瀞(ながとろ)の千畳敷は有名である。山地では氷河の侵食によってできた木曽駒(きそこま)ヶ岳の千畳敷カールが知られている。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

千畳敷(き)の関連キーワード断魚渓・観音滝県立自然公園徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦中央アルプス県立自然公園福岡県北九州市若松区有毛和歌山県西牟婁郡白浜町鬼の舌震県立自然公園浜田海岸県立自然公園青森県西津軽郡深浦町長野県駒ヶ根市赤穂千丈渓県立自然公園東京都八丈町大賀郷山口県長門市日置中長野県駒ヶ根市駒ヶ岳(長野)千畳敷スキー場丸尾[温泉]木曽駒ヶ岳駒ヶ根高原隆起海食台滑床渓谷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android