千畳敷(き)(読み)センジョウジキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千畳敷
せんじょうじき

畳を千畳もいたような広い岩盤からなる地形。岩石海岸や広い岩盤からなる河床、氷河によって侵食された広い岩盤などにみられる。岩手県陸中海岸の山田湾内の舟越大島、宮城県金華山、和歌山県の白浜海岸などのように波食台が隆起して形成されたものが多い。また河床では埼玉県秩父(ちちぶ)市の荒川沿岸の長瀞(ながとろ)の千畳敷は有名である。山地では氷河の侵食によってできた木曽駒(きそこま)ヶ岳の千畳敷カールが知られている。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せんじょう‐じき センデフ‥【千畳敷】

[1] 〘名〙
千枚を敷くほどの大広間。また、その広さ。転じて,だだっ広い所。
※南方録(17C後)台子「小座舗も千畳敷も物数のもとは台子の七つ組なり」
② (その広さが①のようであるところからいう) 海岸や山地などにみられる小平地。岩石海岸では、波の浸食により平らに削られた波食台の隆起したものが多く、和歌山県の白浜海岸、岩手県の陸中海岸、宮城県の金華山、伊豆半島の須崎海岸などのそれが有名。河床では、荒川中流部の長瀞(ながとろ)の岩畳にその名がある。また、氷河で削られた岩盤の例では、木曾駒ケ岳の千畳敷カールなどがある。
[2] 厳島神社神前の大経堂の俗称。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「神前の千畳(センデウ)じきに仮寝をせし、里の小娘をそそのかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

千畳敷
(通称)
せんじょうじき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
室町千畳敷
初演
享保6.閏7(大坂・竹島座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android