コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千畳敷(き) センジョウジキ

2件 の用語解説(千畳敷(き)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんじょう‐じき〔センデフ‐〕【千畳敷(き)】

畳千枚を敷くほどの大広間。また、そのような広い場所。
広い岩盤からなる台地状の地形。和歌山県白浜海岸の隆起海食台、埼玉県の長瀞(ながとろ)の河床、木曽駒ヶ岳カール地形など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千畳敷
せんじょうじき

畳を千畳も敷いたような広い岩盤からなる地形。岩石海岸や広い岩盤からなる河床、氷河によって侵食された広い岩盤などにみられる。岩手県陸中海岸の山田湾内の舟越大島、宮城県金華山和歌山県の白浜海岸などのように波食台が隆起して形成されたものが多い。また河床では埼玉県秩父(ちちぶ)市の荒川沿岸の長瀞(ながとろ)の千畳敷は有名である。山地では氷河の侵食によってできた木曽駒(きそこま)ヶ岳の千畳敷カールが知られている。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千畳敷(き)の関連キーワード穴のあくほど大広間片敷く衣片敷く放列木舗道折敷く正庁袖片敷く玉敷く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone