丸山邦男(読み)まるやま くにお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山邦男 まるやま-くにお

1920-1994 昭和後期-平成時代の評論家。
大正9年6月15日生まれ。丸山幹治の3男。丸山真男の弟。戦後,全日本炭鉱労働組合書記,雑誌編集者をへて,昭和32年「ジャーナリストと戦争責任」で論壇に登場。「天皇観の戦後史」などの天皇制批判を中心に,マスコミ論,人物ルポルタージュを手がけた。平成6年1月24日死去。73歳。兵庫県出身。早大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android