コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山幹治 まるやま かんじ

2件 の用語解説(丸山幹治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山幹治 まるやま-かんじ

1880-1955 明治-昭和時代のジャーナリスト。
明治13年5月2日生まれ。丸山真男(まさお)の父。大正7年米騒動の際の白虹(はっこう)筆禍事件で長谷川如是閑(にょぜかん)らと大阪朝日新聞を退社。昭和3年から「大阪毎日新聞」のコラム「硯滴(けんてき)」,11年「東京日日新聞」にうつって「余録」を計25年間かきつづけた。昭和30年8月16日死去。75歳。長野県出身。東京専門学校(現早大)卒。号は侃堂(かんどう)。著作に「丁稚(でっち)制度の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸山幹治
まるやまかんじ
(1880―1955)

明治・大正・昭和期の新聞記者。号は侃堂(かんどう)。明治13年5月2日長野県生まれ。東京専門学校(現、早稲田(わせだ)大学)卒業。新聞『日本』記者、『京城(けいじょう)日報』編集長を経て、1909年(明治42)大阪朝日新聞社に入社。通信部長などを務めたが、1918年(大正7)白虹(はっこう)筆禍事件により退社。翌1919年、鳥居素川(そせん)の創刊した『大正日日新聞』に参加したが、経営破綻(はたん)、『読売新聞』に移る。1928年(昭和3)『大阪毎日新聞』に転じ、同紙のコラム「余録」を執筆し、高い評価を得た。昭和30年8月13日死去。真男(まさお)は二男。[有山輝雄]
『『余録二十五年』(1954・毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丸山幹治の言及

【丸山真男】より

…思想史家・政治学者。ジャーナリスト丸山幹治の次男として大阪に生まれる。1937年(昭和12)東京帝国大学法学部を卒業後,71年の辞職に至るまで同学部で教鞭をとる。…

※「丸山幹治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丸山幹治の関連キーワード影のジャック井田一郎鋳谷正輔岩城理蔵釘本衛雄小山完吾芝葛盛須田禎一羽仁吉一牧野雅楽之丞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸山幹治の関連情報